TENMADO KOBO CO., LTD. release080604 2008/06/04 HOME に戻る
 株式会社アストロアーツと有限会社天窓工房はDLPプロジェクタ3台でドーム全天をカバーするデジタルドームシステム「TriViewStars /トリビュー」を共同開発、東京都葛飾区立石の「プラネターリアム銀河座」に2008年5月設置いたしました。(TriView.2000:解像度約2K×2K)
2009年6月22日、JPA明石大会にてTriView.1500を発表し、好評を頂きました。
強力で柔軟な発想がデジタルドームを進化させる!
 トリビューのコンセプトは、急激に進化するプロジェクタやPCなどのデジタルデバイスを柔軟に取り込み使いこなすことにあります。通常メーカーはハード・ソフト一体の製品としてデジタルプラネタリウムを開発していますが、トリビューはソフトウエアとハードウエアをアストロアーツと天窓工房がそれぞれ担当しています。
アストロアーツは長年に亘り「ステラナビゲータ」で培ってきた技術を結集して美しい星空描画とユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供しています。
天窓工房は大胆なハードウエア開発を行い、デジタルプラネタリウム用にチューンアップしたデバイスを提供します。また劇場設計、スクリーン施工、内装工事なども担当します。

システム名称は「TriViewStars 」「トリビュースターズ」、略称を「TeiView」「トリビュー」「とりびゅう」です。

星座絵

銀河座のTriView.2000(KAGAYA星座はオプションです。)
ZOOM UP ! !
プロジェクタ3台構成
タッチパネル式コンソールとエディタ

基本構成図